おととい入国手続きが完了したと思ったらもう出国手続きです。。。なーにやってんだろ。
Though we finished the immigration and customs for etnrance the day before, we had to go to the air port for the immigration for the departure.....what are we doing here?

何度足を運んだか分からない、空港のイミグレーションオフィスへ。
The immigration office at the airport. Already a familliar place to us.
IMG_3378s

で、ボンド(保証金)として預けたお金を払い戻してもらいに銀行へ。現地のお金で払い戻してもらったあとUSDか日本円に両替したかったのに、現金が足りない(そりゃそうだ。17万円×5人分)とのことでとりあえず現地通貨で払い戻ししてもらいました。(その後、船の整備中やじきたさんが街中の銀行で両替してくれました)。
We went to a bank to receive back the money we paid as bond. We wanted to exchange the money to USD or JPY after receiving it with CFP, but the bank we visited at the airport did not have enough either USD or JPY to exchange for us.......Later Kazu and Ishihara went to another bank in the town and exchanged the money to USD and JPY for us while we were working on the boat.
IMG_3379s

実はこの二人、ハワイからタヒチに入ったのですが、片道航空券だと乗せられないといわれ、しぶしぶタヒチ→ハワイの航空券を買ったとのこと、しかも払い戻し不可のものしか売ってくれなかったそうです。ということで念のためタヒチの窓口で払い戻しの交渉。結果は後日メールでくるそうです。
When Kazu and Ishihara flew into Tahiti from Hawaii, they were told that they could not take the plane unless they have return ticket to Hawaii. So they had to buy a ticket from Tahiti to Hawaii and it was refundable. They visited the airline office at Tahiti just in case if they can get a refund. They will be informed what would happen by email later.
IMG_3380s


さて!食料の買い出し。空港近くのカルフールへ。
We went grocery as we always do before the departure. We went to Carrefour close to the airport.
IMG_3384s
パペーテの街中のスーパーと違い欧米とおんなじ感じの品揃え完璧のスーパー。
A lot more stuff and kinds than supermarkets in Papeete town.  

IMG_3386s
なんと私の大好物のもやし!瓶詰があったので3本ゲット。
My favorite, bean sprout! We bought three bottles of this.

IMG_3387s
日本とちがい、レトルトや缶詰がないので(缶詰はあるけどツナ缶とかばっかでサバ味噌煮とかみたいに食事になるものは少ない)、料理に頼るしかなさそう、ということで玉ねぎとじゃがいもはこれでもか!というほど購入。
Since we could not buy retort foods and various canned foods here in Tahiti, I bought a lot of onions and vegitables as I have to cook a lot.

IMG_3388s
例のごとく、周りの人たちにパーティーでもするのかという目でみられながらお会計。
A lot of foods and stuff as always. Long receipt.
IMG_3392s
ヨーロッパの領土だけあって、エコ意識の高いタヒチ。お買いもの袋は持参しなければいけないので、購入したゴミ袋に買ったものを詰めまくり。レンタカーがゴミ袋でいっぱいになりました。
As Tahiti is the French territory, people care about environment. We have to bring own shopping bags. Since we did not have one, we bought garbage bags and used them for shopping bags. A lot of garbage bags inside a car.

IMG_3393s
7人分14日∔αのお菓子はなかなかの量。前半用と後半用に分ける座長。
The delivery captain sorted snacks into the first half and the latter half.

IMG_3397s
スコール後の夕陽がとってもきれいでした。モーレア島の後に沈んで行きます。
The sunset after the squall was amazing. It went down behind Moorea.

IMG_3398s


夕陽が反射して街のビルもきれい。虹も!
The sunset reflected on the buildings in the town. Also a rainbow!!
IMG_3399s

IMG_3400s


最終日は、ホテルの近くにあって気になっていたレストランへ。ブルスケッタが20個しかなかったので、1人だけ2つしか食べられない人が。ということでジャンケン。(常に公平に!)
We went to a restaurant close to the hotel which we had wanted to go. There were only 20 pieces of Bruschetta, we had to do Janken to do paper-rock-scissors to decide who only can eat two pieces. (always try to be fair!!!)
IMG_3403s
ちなみに負けたのはケンさん。
Ken lost.


明日の出港に備え、最後のふかふかベッドでみんなぐっすり寝ました。
We all slept well on the nice beds which we won't be able to do next 2 weeks.

----------
さて、さて、備忘録も兼ねて、今回の入国手続き珍道中をご紹介したいと思います。
<事前調査>
インターネットで調べても、海からの入国に関するオフィシャルな情報が手に入らない!ということで、それらしき情報サイトを2つ3つチェック。どのサイトも言っていることがちょっとずつ違うので、もう面倒になって、とりあえず行けば分かる!と。今までのアメリカやオーストラリア、シドニーの経験から、入国48時間前連絡とかの要件だけは押さえておくべきと思い確認したところ、入港直前にVHFで交信し、入国後自分の足でしかるべきオフィスに行くという情報だけは確かっぽかったのでそれだけをあてにいざタヒチへ。

<たらい回しの3日間>
飛行機での入国も船での入国も、どこの国もだいたい「検疫・イミグレ・カスタム」という3拍子なのですが、この国は違うようで、船で入る場合結果的に関わるのは「イミグレ・カスタム・ポートキャプテン・もしかしてポートオーソリティも?」といった感じでしょうか。
ポートキャプテン→ポートオーソリティー→ポートキャプテンの一往復ビンタたらい回しで終わったかに見えた入国。ポートオーソリティではイミグレーションには行かなくてもいいといわれたけど、キャプテンは言ったほうがいいと思う、と。「思う」レベルで誰も正確な情報は知らず。で、念のため空港のイミグレ行ったら、当たり前だけどもちろん行くべきところでした。ちなみに、ここで得た情報は「帰りの航空券を持っていない人は、自国までの航空券と同等の値段のボンド(保証金、要はデポジットのようなもの)を支払う必要がある」ということ。噂レベルでは聞いていたけどホントでした。

イミグレでは色々面倒だからエージェントに頼んだほうがいいといわれその場でエージェントに電話をつないでもらったところ、もう夕方だったので、明日朝もう一度電話しろ、と。で、翌朝エージェントに電話して必要な情報の話をしていたら、旅行保険の証明を全員分出せ、と。保険を全員分調べて送信完了!もう昨日一日で疲れ果ててたので300USDの手数料でぜーんぶやってくれるならありがたや、とほっとしていたところ、保険の証明の内容を仏訳するのに時間がかかるので、1週間も滞在しないなら出国までに間に合わないかもしれないから自分たちで入国手続きした方がよいと言われ。。。。結局自分たちで手続きするハメに。

んでエージェントが「ボンドの支払いに慣れてるから」と紹介してくれた大きな銀行へ。恐らく日本でMUFJやみずほレベルの銀行かと。まずは窓口前の列に並ぶこと30分。ふたを開けてみたら、窓口のお姉さん全くボンドの支払いのこと分かっておらず、1人目の手続きに約1時間。経験積むごとに若干のスピードアップをし、最終的には5人分を2時間半くらいで終了。
ちなみに日本人の2013年2月のボンド設定料金は176,000PCFで、それに手数料2963CFPを足して178,963CFP、日本円でだいたい18万円弱。クレジットカードのキャッシング機能を使って支払い可。銀行で証書をもらったらそれをもって空港のイミグレーションオフィスへ。ナンパイミグレオフィサーののろのろ事務作業で約1時間。そこではどこの国に行っても書くような書類を書いて終了やっと。。。。長い1日。
 
3日目はいざカスタムへ。カスタムは書類書いてすんなり終了。帰国の際は出国の書類をポストに投函すればいいと。だから出国前にもう来る必要はない、と。燃料の免税の手続きについて聞いたら、ポート・オーソリティーへ行けと指示。そしたらオーソリティはポートキャプテンが発行するはずだからそこへ行け、と。んでポートキャプテンのところにいったらカスタムが発行するはずだから自分は関係ない、と。んもう!!!
街の中心から工業地帯をてくてく歩いて30分のところにあるカスタムとオーソリティのオフィス。もう疲れて歩きたくないけどタクシー通らないし、しょうがないからヒッチハイクしたら、フランス人の優しいお兄さんが拾ってくれて拾う神もいるんだな、と心が癒されました。

そして4日目は入国出国に関わることから完全開放されました!

んで5日目。空港のイミグレに行って出国手続き。ボンド返してもらえうための書類もらいいざ空港の銀行へ。CFPキャッシュで返されるので(しかも出国直前に18万円)、その場で日本円に両替、とおもったら空港の銀行には十分なUSDもJPYもなく、大金CFPを持ったまま街中の大きな銀行へ行ってUSDまたはJPYに両替してもらいました。ということでイミグレは簡単に終了。
2日前にポートキャプテンのところにいって出発日を伝えたところ、彼自身がポートクリアランス(次の到着地でこの書類が必要)を直接出国者に手渡せないので、発行の手続きはしておくから空港のイミグレーションで受け取ってくれと言われていました。ので、イミグレのオフィサーにいったら、それはポートキャプテンに言ってくれ、と。でしょうがなくポートキャプテンのところにいったら、実はカスタムの担当者が 「出国前にもう来なくてよい」と言ったのは間違った情報で、出国の書類をカスタムに提出しないとポートクリアランスは発行できない、と。よく考えたら当たり前だよなぁ。なのでまた港の反対側にあるカスタムオフィスへ。担当者が忙しそうだったので通りがかりの、全く担当じゃないお兄さんが対応してくれました。彼も初めてな上に、関係各所に電話するたびたらい回しに。それでも「●●に行って聞いて」といわず最後まで私たちの面倒をみてくれました。お昼休みに入ってしまったっていうのに。今回のダントツMVP!!!!!
IMG_3383s
 
で、このお兄さんがカスタムの出国書類作ってくれて、ポートオーソリティーでポートクリアランスをめだたくもらうことができました!長かった。 

<タヒチ入国&出国まとめ>
◆入国 
・入港前にVHFで連絡を入れる。たぶん30分くらい前に一応入れておいたほうがよさそう。入港5分前には絶対連絡。港の入り口が飛行場の近くのため、これは義務。

・検疫-Q旗掲揚で入港。でも実際の検疫官が船に来ることはない。

・イミグレーション-銀行でボンドの支払いをし証書をもらいファアア空港のオフィスに行く。オフィサーは手馴れているのでトラブルはないけど、作業がとてものんびり。。。。 


◆出国
・イミグレーション-空港のイミグレで出国手続きし、ボンド返金の証書をもらう。銀行に行く。
ちなみに出国をボラボラとか他の島からする場合は、その島にも支店がある銀行を使わないと大変なことに。


・カスタム-次の到着地(今回の場合ハワイ)で入港の時にポートクリアランスなる書類が必要。タヒチのポートクリアランスは、カスタムが発行するのではなく、ポートキャプテンに出国の旨伝えると彼がクリアランスを発行。でも彼から私たちには直接渡してはいけないルールらしく、イミグレーションに転送されるので、イミグレーションで受け取るとのこと。でも今回は結局ポートオーソリティーが発行してくれたので正式な方法は不明。もう意味が分かりません。


備忘録&「今後タヒチに船で入国する人のために」と思って書きましたが、こんな面倒なことするより、エージェントに全てをお願いすべき、というのが最終的な結論です。

Mayuko