13日のスタートから、まる4日。
激戦区のディビジョン2での厳しい戦いが続いています。
レースの約半分、1100マイル近く走っても、
まだ昼夜を問わず他艇との接近が多くあり、相手を見ながら走ることもしばしば。
競争相手より重量がかなり重いBengal7は、スピードを維持することが最大のポ
イントで、これだけ長い距離を走ってなお、各クルーは、あと0.5ノット、あと
0.1ノットのスピードを上げるために知恵を出し合い、懸命な努力を続けています。
パラダイス行きのトランスパックで、こんなに長時間緊張したレースモードは初
めて。
おかげで、毎回数多くのドラマや名言が生まれる楽しい時間は、まだ来ない
なぁーと。
今後は、あと1日くらいで快走できる風域にようやく辿り着く見込み。

艇体は快調。トラブルもなく非常に良く走っています。
各クルーも、素晴らしい伊藝食堂のおかげで
高いモチベーションを保って、安全にレースを続けています。